免疫療法でガンを効果的に治療しましょう~サクサクガン治療~

看護師

更に広がる医療の幅

医者

治療への活用

ヒトや動物の体内細胞から採取されたプライマリーセル(初代細胞)は体内細胞を全般的に対象としたもので、骨髄関連や末梢血細胞など様々な種類があります。プライマリーセルは医療の可能性を広げるものとして注目を集め、新たな培地の開発とともに発展してきました。1960年に初めて開発されてから現代では様々な医療の現場に活かされています。人間は生まれながらにして自己治癒能力を持っています。しかし、全ての怪我や病気が全て自己治癒能力でカバーされるわけではありません。自己治癒能力だけでは完治できないくらい大きな病気や怪我を患ってしまったとき、プライマセリーセルが治療に活用されます。人間の骨や臓器を自由に作り出せるため移植手術の必要もありません。

画期的な治療

プライマリーセルのキットは複数の専門機関から購入することができます。製造や販売を行っている専門機関は主に研究を中心に行なっている企業です。ヒト血液細胞をメインに供給する企業やヒト肝細胞をメインに供給する企業などがあり、社会のニーズに応えるため各社から様々な製品が販売されています。購入されたプライマリーセルは、主に治療のための細胞修復に利用される一方で、研究目的で利用されることも多くあります。生活習慣病の治療薬にもプライマリーセルが用いられています。日本では糖尿病や動脈硬化といった生活習慣病が社会問題にもなり、プライマリーセルは現代社会に欠かせない画期的な技術として更なる発展が期待されています。また、骨や関節の障害が生活に支障をきたしやすい高齢者のためにも、プライマリーセルは利用されます。骨細胞に関連したプライマリーセルの発展は高齢者が増加している日本において特に注目されています。このように、ヒトの細胞を自由に培養できるプライマリーセルは医療の幅を広げる高度な技術として治療に役立てられています。

Copyright© 2015 免疫療法でガンを効果的に治療しましょう~サクサクガン治療~All Rights Reserved.